地場産クロアワビ放流技術開発

地場産クロアワビ放流技術開発

県名新潟県
研究機関名新潟県水産海洋研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2006
概要天然アワビ類の資源状態、種組成と海藻類などの生物環境を調査して天然資源量及び環境収容量を明らかにし、地元産天然クロアワビ母貝から生産された種苗の放流・添加による増殖効果を検証して種苗放流技術を確立する。技術開発の内容は以下に示すとおりである。(i)種苗生産技術(筋萎縮症の発生予防手法の確立、効率的種苗生産技術の確立)、(ii)種苗放流技術(佐渡のモデル漁場における種苗放流による増殖効果の検証:潜水調査、DNA分析)
研究分担増殖環境課
予算区分県単(政策)
業績(1)地場産クロアワビ放流技術開発
(2)佐渡島におけるクロアワビの放流効果の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030129853
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat