需要適応型堆肥の安定生産・利用技術試験

需要適応型堆肥の安定生産・利用技術試験

県名石川県
研究機関名石川県畜産総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間H15〜20
年度2006
概要 目的:「環境に優しい農業」が求められている中、堆肥需用者のニーズに応える堆肥生産・利用技術を確立する。 計画:(i)耕種農家が望む堆肥品質調査(H15〜17)、(ii)家畜糞堆肥の品質安定化および肥効性調査(H15〜20)、(iii)利用現場に合った堆肥生産・利用技術(H17〜20)。 期待される成果:堆肥需用者のニーズに応えることにより、利用量の拡大が図れる。 得られた成果:(i)耕種農家は堆肥の腐熟化、散布しやすい形状、品質の安定化、成分バランスを重視している。(ii)堆肥中の硝酸態窒素が0.3%以上になると有機物の分解を抑制することが判明、(iii)堆肥中繊維成分のC/N比により堆肥の肥効性を推定することを可能とした。
 成果の受け渡し先:畜産農家、堆肥処理施設。 残された問題点:品質安定化のために、副資材回収型堆肥やブレンド堆肥等の検討
研究分担技術開発部
予算区分県単
業績(1)熟成した堆肥への尿素添加がその後の有機物分解に及ぼす影響
(2)硝酸カリウム添加が堆肥化に及ぼす影響
(3)牛糞堆肥の腐熟過程における有機物分解デタージェント分析による評価
(4)腐食油添加方法の違いが牛糞堆肥化過程の有機物分解に及ぼす影響
(5)簡易堆肥器「タヒロン」の利用性
(6)市販堆肥化水分調整剤「玉米芯」の利用性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030130294
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat