障壁・被覆作物を利用した夏季葉菜類の作付け体系技術 (1)障壁・被覆作物がキャベツの生育、収量に及ぼす影響

障壁・被覆作物を利用した夏季葉菜類の作付け体系技術 (1)障壁・被覆作物がキャベツの生育、収量に及ぼす影響

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2006
概要目的:安全・安心な農産物の生産が求められる昨今、生産者・消費者ともに農薬散布を軽減した環境保全的な野菜の栽培法が望まれている。こうした中で、イネ科・マメ科作物などを障壁・被覆作物として用い、天敵温存や障壁効果を図る作付け法が、耕種的防除の一手段として注目されている。そこで、野菜栽培に障壁・被覆作物を利用した新たな作付け体系を確立するとともに、生産性、虫害低減、地力維持向上、土壌中の動物相など多面的機能について解明を行う。平成18年度は、引き続き初夏どり葉菜類栽培に対する耕種的防除効果が期待できる障壁・被覆作物の検索を行う。また、障壁・被覆作物栽植土壌中の動物相や理化学性を調査する。成果:障壁・被覆作物としてソルガムとクローバを用いて、キャベツの減化学農薬栽培を行うと、夏どり栽培では裸地区と比較して生育がやや劣るが、可販率が高くなった。また、養分競合防止のため、クローバと雑草を適正に管理する必要があると思われた。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030130467
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat