耕種的技術を組み合わせた水稲の雑草防除技術の体系化  1.耕種的技術を組み合わせた水稲の雑草防除技術の経営的評価

耕種的技術を組み合わせた水稲の雑草防除技術の体系化  1.耕種的技術を組み合わせた水稲の雑草防除技術の経営的評価

県名長野県
研究機関名長野県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜18
年度2006
概要目的:水稲有機栽培の開発技術等を現地実証し経営的評価を行う。成果:除草剤によらない除草技術として比較的有効なアイガモ除草、除草機除草、米ぬか+除草機除草は農薬費の削減が可能であるが、除草作業に労働時間を要するため1時間当たりの所得は低くなる。除草剤を使用しないため、有機米や無農薬米としての付加価値販売が期待できる。
研究分担経営情報部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030130609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat