多様なニーズに対応したニュータイプきのこの開発

多様なニーズに対応したニュータイプきのこの開発

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2006
概要目的:エノキタケでは高温域培養適性を有する品種を育成する。ブナシメジでは高品質、多収性の短期熟成品種を育成する。また、様々な用途に対応した新形態きのこを開発する。成果:エノキタケでは高温域培養適性を有する育種素材を選抜し、構成一核を取得した。ブナシメジでは3組合せ267系統より5系統を選抜した。
研究分担菌茸
予算区分県単
業績(1)Bottle Cultivation of Culinary-Medicinal Bunashimeji Mushroom Hypsizygus marmoreus (Peck) Bigel. (Agaricomycetideae) in Nagano Prefecture (Japan)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030130777
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat