キャベツにおける生物機能を利用した環境負荷低減技術の体系化と実証

キャベツにおける生物機能を利用した環境負荷低減技術の体系化と実証

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2006
概要目的:キャベツ栽培で問題となっているコナガ等の防除に複合型フェロモン剤と選択性殺虫剤を利用することで土着天敵を温存し、環境にやさしく、効率・安定的な防除体系を構築する。成果:現地圃場(11.4ha)で複合性フェロモン剤、定植期処理剤、選択性殺虫剤、微生物農薬を処理し、土着天敵相を調査したところ、IPM区では徘徊性クモ類、コマユバチ類、アブラバチ類、ヒメコバチ類、クサカゲロウ類、昆虫病原菌類ほか多数の土着天敵の活動が確認された。
研究分担病害虫土壌肥料
予算区分受託
業績(1)性フェロモン剤を核としたキャベツの総合害虫管理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030130791
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat