イチゴの新環境制御システムの開発 3)光環境とイチゴの生育

イチゴの新環境制御システムの開発 3)光環境とイチゴの生育

県名静岡県
研究機関名静岡県農林技術研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H17〜18
年度2006
概要目的:イチゴ高設栽培において規模拡大を容易にするため、収量・品質を向上させる季節別環境制御技術を開発する。成果:強制換気による昇温抑制効果は、イチゴの果実肥大促進と酸度上昇抑制につながることが確認できた。また、花房間葉数が減少するため、中休みが軽減し、連続収穫が可能となる。○施肥の棟方向や畝方向、栽植方法等による光環境の違いとイチゴの生育を明らかにする。
研究分担園芸部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030131161
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat