DNAマーカーを用いた効率的選抜育種技術の開発

DNAマーカーを用いた効率的選抜育種技術の開発

県名静岡県
研究機関名静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H11〜18
年度2006
概要目的:ブタ第2染色体上に検出されたシェアバリューQTLについて、マーカーアシスト導入法を用いて金華豚型アリルを導入したデュロック種でのシェアバリューQTLの効果の検証と作出したブタの実用化にむけた情報を収集する。成果:金華豚由来のシェアバリューQTLはデュロック種の肉を柔らかくする効果が確認され、特定のQTLをピンポイントで他品種のアリルと置換するマーカーアシスト導入法の有効性が示唆された。 
研究分担養豚研究スタッフ
予算区分受託
業績(1)金華豚肉の肉質調査
(2)金華豚とデュロック種の戻し交配家系における筋肉内脂肪含量QTLの導入試験
(3)ブタ肉質のDNAマーカーアシスト導入研究
(4)金華豚とデュロック種交雑家系におけるシェアバリューQTLのマーカーアシスト導入試験
(5)金華豚とデュロック種交雑家系における筋肉内脂肪含量QTLの導入試験
(6)ブタ肉質QTLのマーカーアシスト導入研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030131354
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat