10.植物遺伝資源の収集保存と特産園芸品種の開発事業

10.植物遺伝資源の収集保存と特産園芸品種の開発事業

県名三重県
研究機関名三重県科学技術振興センター農業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜23
年度2006
概要目的:三重県ゆかりの伝統野菜や特徴ある植物遺伝資源について、収集保存し、有効活用に必要な情報を整理する。職務育成品種については、品種特性を維持した種苗の保存と更新を行い、許諾者に対して種苗配付を行う。成果:(1)イチゴ育種において、1次選抜で3,175系統から191系統を、2次選抜で179系統から38系統を、3次選抜で38系統の中から1系統を、4次選抜で5系統から1系統を選抜した。(2)ナバナ育種において、有望な2系統について現地圃場での栽培試験を行い、1系統に選抜した。
研究分担園芸
予算区分県単
業績(1)イチゴ品種識別用DNAマーカーを活用した品種検索と親子関係判定プログラム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030131718
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat