耐火性複合構造材の実用化研究−スギ・ヒノキ材を使用した耐火性複合構造材の開発−

耐火性複合構造材の実用化研究−スギ・ヒノキ材を使用した耐火性複合構造材の開発−

県名三重県
研究機関名三重県科学技術振興センター林業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜18
年度2006
概要目的:木材の新用途を開拓するため、鋼材のまわりを木材で被覆し、木材の断熱性を利用して火災時の鋼材温度の上昇を防ぐ鋼材と木材の複合構造材の開発を行う。成果:(i)H15年度には、カラマツ・ベイマツ被覆の資材で全国初の国土交通大臣の1時間耐火認定を取得した。(ii)H17年度からは、農林水産省の先端技術を活用した農林水産研究高度化事業による委託事業として、スギ・ヒノキ材を使用した複合構造材の開発研究を行い、スギ集成材・石膏ボード・ステンレス鋼板の複合被覆で1時間耐火、2時間耐火の柱、梁について耐火性能付与技術を開発し、1時間耐火柱・2時間耐火梁について全国初の国土交通大臣の認定を取得した。 成果の受け渡し:研究成果は集成材製造等の木材加工業者、建築関連業者等に技術移転して実用化を図る。
研究分担林産研究課
予算区分指定・県単
業績(1)木質ハイブリット構造の耐火性能に関する研究(その11)
(2)木質ハイブリット構造の耐火性能に関する研究(その12)
(3)木質ハイブリット構造の耐火性能に関する研究(その13)
(4)H形鋼梁構造のスギ材被覆による2時間耐火性能試験
(5)木質系構造の耐火性能に関する研究(その22)
(6)木質系構造の耐火性能に関する研究(その23)
(7)木質系構造の耐火性能に関する研究(その24)
(8)H形鋼柱構造のスギ材被覆による1時間耐火性能試験
(9)鋼材と木材の複合化による耐火性構造材料の開発
(10)スギ材の新たな用途を拓く
(11)木質複合構造の耐火性能に関する研究(その7)
(12)木質複合構造の耐火性能に関する研究(その8)
(13)木質複合構造の耐火性能に関する研究(その9)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030131799
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat