イセエビ種苗大量生産技術開発

イセエビ種苗大量生産技術開発

県名三重県
研究機関名三重県科学技術振興センター水産研究部
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2006
概要イセエビの増殖に寄与する技術開発の一環として、幼生飼育による種苗(稚エビ)の大量生産技術の確立を目的に、幼生の飼育に好適な条件の把握、幼生の飼育水槽の開発、疾病防止技術の検討を実施した。
研究分担水産資源育成研究課
予算区分県単
業績(1)イセエビ種苗大量生産技術開発事業
(2)Larval molting and growth of the Japanese spiny lobster Panulirus japonicus under laboratory conditions,
(3)The complete larval development of the Pronghorn spiny lobster Panulirus penicillatus (Decapoda: Palinuridae) in culture.
(4)イセエビ属幼生の生理生態に基づく飼育技術開発. 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030131827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat