閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業

閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業

県名三重県
研究機関名三重県科学技術振興センター水産研究部
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2006
概要英虞湾の環境改善を図ることを目的に、(i)浚渫土を利用した干潟・浅場の造成技術開発と物質循環の解明(ii)英虞湾におけるアマモ場造成技術開発と物質循環の解明(iii)貝掃除洗浄排水処理技術開発(iv)シミュレーションモデル開発のための水質・流動観測(v)底質改善技術と底質-水間の物質循環モデルの構築(vi)異なる環境でのアコヤガイの生理特性の把握と成長モデルの開発等調査研究を行う。また、流動モデルと生態系モデルのプログラム開発及びプランクトンの鉛直分布観測システムの開発についても大学、民間企業に委託して実施する。
研究分担地域結集型共同研究課
予算区分県単
業績(1)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 浚渫土を利用した干潟・浅場の設計造成技術の開発 I 浚渫土を用いた人工干潟の環境への影響調査・英虞湾内における天然干潟の調査
(2)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 浚渫土を利用した干潟・浅場の設計造成技術の開発 II 干潟における物質循環の把握
(3)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 コアマモ移植実験
(4)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 英虞湾におけるアマモ・コアマモ現存量の把握
(5)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 細胞培養によるアマモの育苗用基盤開発試験
(6)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 硝酸塩による底質改良技術開発
(7)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 底泥と直上水との間の物質循環の解明
(8)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 シミュレーションモデル開発に係る英虞湾の水質調査
(9)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 英虞湾の底質モニタリング調査
(10)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 適正養殖量把握のためのアコヤガイ成長モデルの開発−I アコヤガイのろ水量と環境条件との関係についての試験
(11)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 適正養殖量把握のためのアコヤガイ成長モデルの開発−II 餌料の捕捉効率と餌料粒子サイズとの関係についての試験
(12)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 適正養殖量把握のためのアコヤガイ成長モデルの開発−III アコヤガイの呼吸量と環境条件との関係についての試験
(13)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 適正養殖量把握のためのアコヤガイ成長モデルの開発−IV アコヤガイの排泄物量と環境条件との関係についての試験
(14)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 適正養殖量把握のためのアコヤガイ成長モデルの開発−V アコヤガイの成長量と貝肉成分の季節変化についての試験
(15)閉鎖性海域の環境創生プロジェクト研究事業 簡易濾過方式によるアコヤガイ洗浄排水の浄化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030131841
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat