サルに対する難馴化忌避技術を含めた持続的な被害防除手法の開発

サルに対する難馴化忌避技術を含めた持続的な被害防除手法の開発

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2006
概要 本県の中山間地域ではサルによる農作物被害が多発しており、これまでに種々の被害防止措置がとられてきが、学習による防除効果の低下等の問題があり、被害の発生が後を絶たない状況にある。そこで、サルに対して威嚇的な行動をとる家畜を選定し、その放し飼いによる被害防止技術の開発を行う。
研究分担栽培研究部、湖北分場、花き・果樹分場
予算区分指定
業績(1)獣害のない元気な里づくりをめざして
(2)滋賀県における獣害対策の取り組み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030131862
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat