トマト黄化葉巻病及び媒介虫タバココナジラミ類の発生実態調査

トマト黄化葉巻病及び媒介虫タバココナジラミ類の発生実態調査

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H18
年度2006
概要目的:タバココナジラミ類の府内における発生実態を明らかにするとともに、TYLCVの保毒及び防除薬剤の選定のためバイオタイプを診断する。また、植物体のTYLCV感染の有無及び現在府内で発生しているTYLCVの系統を明らかにする。計画:(i)タバココナジラミ類の府内における発生実態調査及び(ii)植物体のTYLCV感染の有無及び系統判別。成果:(i)府内でのタバココナジラミ類の割合は、京都市以南75.7%、亀岡市以北43.5%であった。(ii)南部16施設周辺雑草19科167株調査の結果、TYLCVの感染は認めなかったが、エノキグサ及びイヌホウズキでタバココナジラミ類の幼虫寄生を確認した。
研究分担環境部
予算区分国庫補助
(農水省)
業績(1)タバココナジラミバイオタイプQの薬剤感受性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030131994
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat