家畜の放牧を利用した緩衝地帯などの整備と野生獣害(イノシシ・シカ)防止技術の確立(緩衝地帯内の竹林における肉用牛放牧技術の確立)

家畜の放牧を利用した緩衝地帯などの整備と野生獣害(イノシシ・シカ)防止技術の確立(緩衝地帯内の竹林における肉用牛放牧技術の確立)

県名京都府
研究機関名京都府畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜20
年度2006
概要和牛放牧の竹林拡大防止効果について、実際に肉用牛を皆伐竹林へ放牧し、タケノコの発筍(はつじゅん)・採食本数、採食率及び補助飼料の検討等を行う。
研究分担碇牧・管理
予算区分府単
業績(1)放牧による里山の林畜複合利用技術(肉用繁殖雌牛のタケノコの採食性)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030132041
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat