伐採跡地の省力的更新をめざした多様な後継樹の林内育成

伐採跡地の省力的更新をめざした多様な後継樹の林内育成

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間止H16〜18
年度2006
概要目的:伐採が予定されている林内にあらかじめ広葉樹を含めた多くの樹種により次代の後継樹を省力的な方法で成立させ、その植栽木が成長して下刈りが不要な大きさとなった段階で上木を伐採する施業体系を確立する。成果:スギ人工林を強度に間伐し、広葉樹を樹下植栽した。ブナ、ケヤキの成長が良好で、下刈りも1回に低減できた。
研究分担森林林業技術センター 資源
予算区分県単
業績(1)皆伐地に出現した高木性樹種の種数変化と隣接する広葉樹林までの距離
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030132313
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat