イチゴ炭疽病潜在感染と薬剤耐性菌の迅速同時診断技術の開発

イチゴ炭疽病潜在感染と薬剤耐性菌の迅速同時診断技術の開発

県名奈良県
研究機関名奈良県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2006
概要イチゴ炭疽病菌の検出と薬剤耐性遺伝子診断を同時に行う迅速診断技術を開発することが目的。1.イチゴ炭疽病潜在感染と薬剤耐性菌の迅速同時診断技術の開発では各種雑草から高頻度で炭疽病菌が分離された。各種雑草の伝染源としての可能性を調査する必要がある。保菌植物および生息環境の詳細が明らかにされていない。選択培地を開発し、その有効性を確認した。炭疽病のフリー化には潜在感染部位を明らかにする必要がある。PCR法によりイチゴ発病葉から炭疽病菌の検出を可能にした。潜在感染株の各部位から検出する必要がある。培地法によりベノミル、ジエトフェンカルブ剤の耐性菌出現頻度を調査した。より迅速で簡便なPCR法による診断技術が必要である。
研究分担病害防除
予算区分国庫補助(農林水産省)
業績(1)イチゴ炭疽病菌の土壌汚染による苗の発病
(2)イチゴ炭疽病潜在感染株および発病株の高頻度感染部位
(3)イチゴ炭疽病菌の各種雑草への定着と感染源としての可能性
(4)育苗方式の違いによるイチゴ炭疽病の発病軽減効果
(5)PCR法によるイチゴ潜在感染株からの炭疽病菌Colletotrichum gloeosporioidesの検出
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030132395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat