ツキノワグマの保護管理と錯誤捕獲回避技術の開発

ツキノワグマの保護管理と錯誤捕獲回避技術の開発

県名島根県
研究機関名島根県中山間地域研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2006
概要目的:西中国地域のツキノワグマは個体数が減少し、「絶滅の恐れのある地域個体群」とされ、保護管理対策が緊急の課題である。しかし、農業分野での被害に加えて、里部への異常出没が地域住民に恐怖を与えている。また、錯誤捕獲が増加傾向にあるので錯誤捕獲回避のため、目撃数が増えた地域では一時箱わなを使わないようにWeb-GISで管理するシステムを検証し、「特定鳥獣保護管理計画」の推進を図る。計画:(i)分布、個体数、生息環境調査、堅果類の豊凶調査、ルートセンサス、(ii)年齢分析、腎脂肪分析、大腿骨骨髄内脂肪分析、胃内容物分析、繁殖状況分析、(iii)目撃地点・頭数等のWeb-GIS入力による解析。期待される成果:(i)生息環境・実態調査、(ii)捕獲個体調査、(iii)錯誤捕獲回避技術の確立。
研究分担鳥獣対策グループ
予算区分県単
業績(1)The Present of Caught Asian Black Bears in Shimane Prefecture Western Japan
(2)益田地域におけるツキノワグマに対する住民の意識調査  
(3)益田地域における地区別のツキノワグマの目撃,被害ランク
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030132742
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat