イチゴのベッド2段吊り上げ・シーソー方式による画期的な増収・省力・省エネルギー生産システムの開発

イチゴのベッド2段吊り上げ・シーソー方式による画期的な増収・省力・省エネルギー生産システムの開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜18
年度2006
概要イチゴ栽培では,高設栽培技術の普及により作業の軽減化が図られている。しかし,現状の高設栽培での作業時間は従来の土耕栽培と同等であり,省力化に到っていない。また,栽植本数は土耕栽培と同程度であり,増収には到っていない。単位面積当たりのイチゴ株数を従来の4倍にする,「2段吊り上げ・シーソーシステム」を開発する。また,「株据置栽培」と栽培ベッドのみの局部加温方式を組み合わせて,画期的な増収・省力・省エネルギー生産システムを構築する。
研究分担野菜栽培研究部
予算区分県単
業績(1)イチゴの2段吊り上げシーソー方式栽培における栽培ベッドの水平2段配置での光環境と果実収量
(2)イチゴ株据置栽培におけるイチゴ株の定植方向がクラウン位置および収量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030132903
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat