水耕ネギの培地廃棄量ゼロと省力・多収・低コスト化技術

水耕ネギの培地廃棄量ゼロと省力・多収・低コスト化技術

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜18
年度2006
概要県内で増加している水耕ネギ栽培では,培地はウレタンであり,田畑等に廃棄蓄積されている。定植と収穫作業は通路を移動しながら1株ずつ行うため,効率が悪い。また,単価は下落傾向で,所得も減少しており,低コスト化技術が必要である。培地は再使用可能で,播種・育苗から収穫まで一貫して使用する条播きトレイの開発を行う。さらに,作業者が移動せず定植・収穫できる栽培管理器具,かつ,栽植密度の増加とCO2施用,養液管理改善による多収技術の開発を行う。
研究分担野菜栽培研究部 
予算区分受託
業績(1)水耕ネギのトレイ栽培におけるトレイの形状がネギを引き抜く力に及ぼす影響
(2)水耕ネギの培養液温度と溶存酸素濃度が養分吸収量と光合成速度に及ぼす影響
(3)ネギの水耕栽培におけるトレイ方式でのトレイ間隔と播種密度
(4)作業負担軽減のための水耕ネギ栽培システムの開発―作業分析とデザイン開発技術の導入―
(5)作業負担軽減のための水耕ネギ栽培システムの開発―RPを活用した栽培器具の開発―
(6)作業負担軽減のための水耕ネギ栽培システムの開発―慣行と新方式の作業負担比較検証―
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030132904
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat