タバココナジラミ新系統とそれが媒介するトマト黄化葉巻病の総合的防除技術の開発

タバココナジラミ新系統とそれが媒介するトマト黄化葉巻病の総合的防除技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2006
概要タバココナジラミ新系統(バイオタイプQ)はトマト黄化葉巻病(TYLCV)を高率に媒介する重要害虫である。県内沿岸部の施設果菜類では,広域的にバイオタイプQが発生し,この害虫が媒介するTYLCVは沿岸部のトマト産地を中心に拡大している。本害虫とTYLCVの県内における発生生態を解明し,有効薬剤,物理的防除資材を総合的に活用して県内での発生拡大を食い止め,トマトの安定生産に寄与する。
研究分担環境制御研究部 
予算区分受託
業績(1)施設トマトでのタバココナジラミ、バイオタイプB及びQ媒介によるTYLCVの空間的な分散様式の比較
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030132938
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat