5 森林吸収源インベントリ情報整備事業

5 森林吸収源インベントリ情報整備事業

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜
22
年度2006
概要[目的]京都議定書に基づく森林吸収量の算定・報告・検証体制整備の過程で追加的に必要となった土壌,リター,枯死木蓄積量のデータを収集するとともに,わが国における森林土壌炭素量の分布および変動を把握する。[全体計画]調査箇所:県内72箇所スケジュール:森林資源モニタリング調査と連携して地域森林計画における調査区ごとに実施する。[成果の概要] 芸南調査区内12箇所(三原市,東広島市,竹原市,呉市,世羅町内)の調査を実施した。
研究分担森林機能・防災
予算区分受託(独)森林総合研究所
業績(1)切捨て間伐材を利用した粗大有機物の分解速度全国評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030132965
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat