山口県オリジナル品種の高接ぎ増殖推進のための、カンキツウイロイドの保毒状況及び被害の解明と対策

山口県オリジナル品種の高接ぎ増殖推進のための、カンキツウイロイドの保毒状況及び被害の解明と対策

県名山口県
研究機関名山口県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2006
概要○目的:主要品種のウイロイド汚染状況を把握し、オリジナルカンキツの高接ぎ増殖における安全な中間台品種の選定等の対策に活かす。○成果等:ウイロイド長期保毒樹の生育状況及び現地の圃場の品種別、樹齢別の保毒状況を把握
研究分担大島柑試
予算区分県単
業績(1)ウイロイドの複合感染はウンシュウミカンの収量と果実品質を低下させる
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133033
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat