糸状菌伝染性ウイルス病害の環境保全型制御技術の開発〜微生物の防御機能を利用したメロンえそ斑点病防除技術の緊急開発〜

糸状菌伝染性ウイルス病害の環境保全型制御技術の開発〜微生物の防御機能を利用したメロンえそ斑点病防除技術の緊急開発〜

県名山口県
研究機関名山口県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜18
年度2006
概要○目的:省力・低コスト型の環境にやさしいメロンえそ斑点病の制御技術の確立 ○成果等:抵抗性台木及び品種を活用した菌汚染度に応じた防除体系を確立
研究分担栽培技術部、病害虫部
予算区分県単
業績(1)室内検定法を用いたメロンえそ斑点ウイルス媒介菌Olpidium bornovanusに対する拮抗微生物の選抜
(2)メロンえそ斑点ウイルスの媒介菌Olpidium bornovanusに対する拮抗微生物の圃場試験選抜
(3)メロンえそ斑点ウイルスを媒介するOlpidium bornovanusに拮抗性を示す新種Bacillus属菌の生物学的特性等の解析
(4)土壌病害の省力型・環境保全型管理トマト青枯病・メロンえそ斑点病の防除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133091
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat