中山間地域における地域営農支援システムの開発〜農地の流動実態と最適な農業システムに関する研究〜

中山間地域における地域営農支援システムの開発〜農地の流動実態と最適な農業システムに関する研究〜

県名山口県
研究機関名山口県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜18
年度2006
概要○目的:農地を守るために、広域における出し手と受け手の関係、規模、方法等、地域農業の担い手を明確にするとともに、集落型経営体の育成の目安となる営農モデルや合意形成手法、地域営農モデルを策定 ○成果等:旧村単位等広域の農地流動実態の把握し、今後のあり方について問題点を整理。代表的な農業生産法人において野菜作を組み入れた営農モデルを策定。集落営農等の合意形成過程の事例を分析し、課題を明確化 
研究分担企画普及部
予算区分受託(近畿中国四国農業研究センター)
業績(1)産地形成型の組織モデルと運営管理
(2)産地形成型地産地消モデルと展開条件
(3)集落営農組織化における合意形成の条件と方法
(4)「産地形成型」の集落営農組織モデル
(5)集落営農の組織化過程における合意形成
(6)地産地消活動の活性化に向けて(マニュアル)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133113
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat