ウシ性判別胚の農家における移植実証試験

ウシ性判別胚の農家における移植実証試験

県名山口県
研究機関名山口県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜20
年度2006
概要胚の性判別技術は改良増殖において、利用価値の高い技術であるが、性判別のために胚の一部を採取することが必要となるため、凍結保存すると生存性が低下する傾向にあり、本技術の実用化には胚の生存性及び受胎性の高い保存法の確立が求められている。ガラス化保存法は胚の生存性及び受胎性の高い保存法として報告されているが、移植時の加温希釈操作が煩雑で、野外で普及するためには加温希釈法の簡易化が必要である。本試験ではガラス化保存したウシ性判別胚について簡易加温希釈法を用いて野外で胚移植を実施し、その受胎率等を調査することにより、野外で利用可能な簡易加温希釈法について検討する。
研究分担改良増殖
予算区分国庫補助
業績(1)ウシ栄養膜小胞と凍結胚又はガラス化保存性判別胚との共移植及び受胚牛への胎盤性性腺刺激ホルモン投与の併用による受胎性向上に関する試験
(2)ガラス化保存したウシ性判別胚の移植試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133119
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat