膣内留置型黄体ホルモン剤(CIDR)が受胎に及ぼす影響

膣内留置型黄体ホルモン剤(CIDR)が受胎に及ぼす影響

県名山口県
研究機関名山口県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間止H16〜18
年度2006
概要黄体ホルモン膣内挿入製剤(CIDR)及び胎盤性性腺刺激ホルモン(hCG)は、それぞれ単独で用いることにより受胎率及び移植率が向上することが知られている。このため、胚移植における受胎率向上を図るため、hCGの移植前投与と移植後のCIDR挿入の組み合わせによる効果を検討する。期待される効果としては、本県の凍結胚移植における受胎率向上技術が普及する。
研究分担改良増殖
予算区分県単
業績(1)膣内留置型黄体ホルモン剤(CIDR)を利用したウシ胚移植における受胎率向上効果の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133130
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat