地どりの生産性、肉質向上及び加工利用に関する研究

地どりの生産性、肉質向上及び加工利用に関する研究

県名山口県
研究機関名山口県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間止H14〜18
年度2006
概要本県特産鶏で天然記念物である黒柏を活用した地どりの作出のため、種鶏の育種改良とともに、地どり素材鶏も含めた理化学特性の解明と優位性を得るための飼養管理技術を確立し、地どり肉加工品の開発も検討する。これまで、(i)地どり種鶏の閉鎖群育種による改良・造成、(ii)地どり素材鶏、種鶏及び地どり表現形別の産肉性、肉質解明、(iii)肥育期間、栄養水準が地どりの産肉性及び理化学特性に及ぼす影響について検討してきた。本年度は、引き続き同項目において詳細な追加試験を実施する。
研究分担飼養技術
予算区分県単
業績(1)地どりの生産性、肉質向上及び加工利用に関する研究
(2)黒柏を利用した地どりの肉中のアンセリンとカルノシン含量(短報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133133
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat