DNAマーカー利用による効率的な新品種育成システムの開発

DNAマーカー利用による効率的な新品種育成システムの開発

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜18
年度2006
概要目的:肉質・発育性等に関与する遺伝子領域を決定し、DNAマーカーを利用したマーカーアシスト・導入により選抜効果の実証を行い新品種育成システムを開発する。計画:1)アワヨークとイノシシの交雑家系において肉質・発育性等の遺伝子領域を決定する。2)イノシシ由来の優れた形質の遺伝子領域を豚に導入する。成果:DNAマーカーを利用することで目的とする形質の改良に要する時間短縮及びコストが削減され、銘柄豚の効率的な作出が示唆された。
研究分担養豚
予算区分受託
業績(1)選抜マーカーの作出と新品種育成システムの開発(第IV報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133313
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat