果樹の高品質安定生産技術の確立

果樹の高品質安定生産技術の確立

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜19
年度2006
概要目的:高品質果樹生産のために、本県の主要果樹における新品種の育成及び地域適応性等について検討するとともに安定生産技術を確立する。また、各種の防除手段を総合的に組み合わせ、農薬のみに依存することのない環境に優しい防除技術を確立するとともに無病で健全なウイルスフリー苗の保存と育成を行う。成果:5樹種について系統適応性検定試験を実施し、カンキツ口之津26号について適応性を認めた。極早生ウンシュウのプレカットシートを用いた部分マルチについて検討し、9月から土壌表面の70%程度を被覆することにより、慣行マルチよりも省力的に品質向上が図られた。モモ「なつおとめ」のみつ症軽減のためには、果肉硬度2.3kg以上が目安であることを明らかとした。ネギアザミウマは、嗜好性は低いがカンキツへの加害を起こすことを認めた。
研究分担府中分場
予算区分県単
業績(1)「小原紅早生」の高付加価値果実生産
(2)モモ‘なつおとめ’における結実管理方法の違いがミツ症発生ならびに果実品質に及ぼす影響
(3)モモ‘なつおとめ’におけるミツ症と果実品質との関係
(4)ハウスミカンの収益性向上と軽労働化
(5)ブドウ「ピオーネ」の独立型トンネル栽培
(6)新品種の栽培技術 キウイフルーツ「讃緑」
(7)果樹園管理のポイント「モモ」
(8)ブドウ「シャインマスカット」の適正な花穂整形法
(9)モモ‘なつおとめ’のミツ症対策
(10)オリジナル品種「小原紅早生」における後期重点摘果
(11)びわの大果生産と有望品種
(12)ハウスみかんにおけるドリップかん水の効果
(13)香川県における「はれひめ」の栽培現況
(14)「小原紅早生」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133379
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat