地域特産果樹生産安定試験研究 (2)ユズの環境保全型栽培技術確立試験

地域特産果樹生産安定試験研究 (2)ユズの環境保全型栽培技術確立試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県立果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2006
概要目的:減化学肥料・減農薬栽培ゆずユズの施肥法および病害虫防除法を検討し、現行と同レベル以上の果実品質を維持しながら、環境に優しく、生産性の高い栽培技術を確立して、生産農家の所得向上および産地のイメ−ジアップと活性化を図る。成果:土壌中の硝酸態窒素と収量の間には明確な差はなかった。減化学肥料区の収量は慣行の化学肥料区と有意な差はなかった。そうか病、黒点病、ミカンサビダニの防除は必須で、ミカンハダニの防除は省略可能であった。
研究分担鬼北分場
予算区分県単
業績(1)裏年におけるウンシュウミカンの結果枝の捻枝による高糖均質果生産
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133490
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat