高温登熟性に優れた水稲早生品種の育成

高温登熟性に優れた水稲早生品種の育成

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2006
概要目的:腹白粒や心白粒などの未熟粒は、夏期の異常高温条件下の早期水稲で発生し、玄米検査等級の低下要因となる。そこで、良食味系統と高温登熟性に優れる品種・系統の交配により、高温登熟性に優れる良食味系統を育成する。成果:(1)高温による白未熟粒の発生には大きな品種間差が認められ、高温登熟性を評価する県独自の簡易検定法を確立し基準品種を選定した。白未熟粒の発生は、登熟前半のみならず分げつ期の高温でも助長された。白未熟粒の発生を抑えるには、登熟期間中の早期落水は行わず、灌漑用水のかけ流しや穂揃期の追肥が有効であることを明らかにした。(2)高温登熟性に優れる‘ふさおとめ’、‘こしいぶき’等を交配親としたA2世代の系統から、品質が良く、アミロースおよびタンパク質含有率が低い9系統を選抜した。
研究分担水田作物担当
予算区分受託
(独法)
業績(1)分げつ期の遮光または高温処理が水稲品種コシヒカリの玄米品質に及ぼす影響−圃場試験−
(2)分げつ期の遮光または高温処理が水稲品種コシヒカリの玄米品質に及ぼす影響−ポット試験−
(3)穂肥の施用、登熟期の夜温、遮光処理が水稲品種コシヒカリの玄米1粒重および白未熟粒の発生に及ぼす影響
(4)2006年において早期栽培水稲コシヒカリで多発した白未熟粒の特徴について
(5)水稲コシヒカリの出穂性同質遺伝子系統における高温登熟性
(6)早期水稲における耐冷性および高温登熟性の品種間差
(7)水稲における高温登熟性の品種間差に関する研究−登熟期の気温が同化産物蓄積過程および出液速度に及ぼす影響−
(8)2006年における早期栽培水稲コシヒカリの収量低下および白未熟粒多発要因
(9)登熟期の高温条件下で発生する水稲品種の白未熟粒と窒素施用量の関係−圃場試験−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133610
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat