促成栽培ピーマンにおける環境保全型栽培管理技術の確立

促成栽培ピーマンにおける環境保全型栽培管理技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜18
年度2006
概要目的:促成栽培ピーマンにおいて養液土耕栽培技術と天敵等を利用した総合的病害虫防除技術を組み合わせ、化学肥料および化学合成農薬の使用量を5割減らすことのできる総合的な栽培管理技術を確立する。成果:有機質肥料の基肥施用と点滴かん水同時施肥により、化学合成肥料の使用量を50%削減した栽培では、施肥効率は向上したが、生育、収量、品質共に慣行栽培より劣り、灌水方法等の改善が必要と考えられた。一方、近紫外線カットフィルム、防虫ネット(1mm目合い)、天敵、微生物資材と化学合成農薬を組み合わせた防除体系では、主要病害虫の発生をほぼ抑制できた。
研究分担環境システム開発室
予算区分県単
業績(1)施設メロンにおける総合的病害虫防除
(2)バンカー法によるアブラムシ類防除効果を低下させる二次捕食寄生バチ(講要)
(3)タバココナジラミに対するタバコカスミカメの捕食能力(講要)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133643
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat