土着カブリダニ類を利用した施設ナス科果菜類におけるアザミウマ類の防除技術の確立

土着カブリダニ類を利用した施設ナス科果菜類におけるアザミウマ類の防除技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜18
年度2006
概要目的:アザミウマ類の有望土着天敵であるヘヤカブリダニ、キイカブリダニを用いて、施設ナス科果菜類における利用方法を明らかにし、環境保全型農業の推進に寄与する。成果:施設ナス圃場においてキイカブリダニを10〜20頭/株放飼することにより、ミナミキイロアザミウマ・コナジラミ類の増殖を抑えることができた。キイカブリダニについては休眠性の弱い系統を選抜するとともに、タイリクヒメハナカメムシと組み合わせた施設ナス栽培における防除体系試験を、ヘヤカブリダニについては圃場での保護・増強方法の実証試験を実施し、両種を組み込んだ防除体系をほぼ確立した。なお、両種とも農薬登録の取得に向けた試験を継続中である。
研究分担昆虫担当
予算区分県単
業績(1)キイカブリダニの休眠性および冬期の施設ナス圃場における放飼時期の検討(講要)
(2)キイカブリダニ・タイリクヒメハナカメムシのリレー放飼によるアザミウマ防除(講要)
(3)捕食性カブリダニとタイリクヒメハナカメムシの利用(講要)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133644
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat