赤潮等発生監視調査

赤潮等発生監視調査

県名高知県
研究機関名高知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜
年度2006
概要目的:野見湾等で有害赤潮のモニタリング調査と赤潮情報の提供を行う。赤潮が発生するときは関係者に注意喚起を行い、漁業被害の防止に努める。また、浦ノ内湾での貝毒プランクトン(アレクサンドリウム属、ジノフィシス属)のモニタリングと毒化調査(アサリの麻痺性毒及び下痢性毒)を行い、二枚貝類の食品としての安全性を監視する。成果:浦ノ内湾の証の発生過程を解明した。平成13〜15年に野見湾で貝毒が規制値を超えたため、採集及び販売自粛の広報に努め、中毒事例を起こさずにすんだ。
研究分担増養殖環境部
予算区分県単
業績(1)地域レベルでの漁況海況情報の提供事業(概要)
(2)赤潮・貝毒調査事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030133709
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat