色落ち海苔等地域未利用資源を活用した特色ある高品質鶏肉生産技術確立試験

色落ち海苔等地域未利用資源を活用した特色ある高品質鶏肉生産技術確立試験

県名佐賀県
研究機関名佐賀県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜19
年度2006
概要<目的>・本県の農林水産業現場で排出される副産物等の地域の未利用資源を活用することにより、低コストで高品質な鶏肉の生産を図り、ブロイラー農家の経営安定に資する。<計画>・各種未利用資源の飼料化の検討 ・未利用資源の飼料への適正な添加率の検討 ・適正な添加時期の検討 ・生産された鶏肉の市場性・経済性の検討。<得られた成果>・色落ち海苔給与は、添加率が低く、給与期間が短い方が生産指数が高かった。 ・色落ち海苔の添加率を高く、給与を長くすることで、鶏肉色を黄色に、目の機能強化があるルテインが胸肉中に多く含むことが判った。<残された問題点>・鶏肉中へ移行する各種未利用資源の成分の検討
研究分担中小家畜部
予算区分県単
業績(1)地域未利用資源を活用した特色ある高品質鶏肉生産技術確立試験(第2報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030134136
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat