バイオマスを有効利用した循環型モデル地域づくり

バイオマスを有効利用した循環型モデル地域づくり

県名長崎県
研究機関名長崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜18
年度2006
概要 前年度同様に規格外バレイショを飼料原料とし、他の飼料原料と混合したサイレージを肥育豚(60〜110kg)に給与することで、市販配合飼料給与より発育は劣るが(出荷9日遅れ)、ロース芯内の脂肪含量が高かった(1.8vs. 6.0%)。また、バレイショ混合サイレージを給与し生産した豚肉は、市販配合飼料を給与し生産した豚肉より、破断応力が低く、飽和および一価不飽和脂肪酸含量が高く、多価不飽和脂肪酸含量が少ない特徴があることが明らかとなった。県央地域で現地実証試験を行った結果、バレイショ混合サイレージ給与により筋肉内脂肪含量が多く高品質な豚肉が生産できることが再確認された。
研究分担企画・環境科
予算区分県単
業績(1)バレイショ混合サイレージ給与が豚の増体量および肉質に及ぼす影響
(2)バレイショ混合サイレージ給与が肥育豚の血液性状に及ぼす影響
(3)バレイショ混合サイレージ給与が豚肉の理化学的特性に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030134265
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat