普通作物病害虫に対する合理的防除 (1)水稲病害虫防除の効率化、体系化

普通作物病害虫に対する合理的防除 (1)水稲病害虫防除の効率化、体系化

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間長期
年度2006
概要目的:新規生物農薬による種子消毒の効果を検討するとともに、新規育苗箱施用剤による、いもち病、紋枯病に対する防除効果及び持続性を明らかにする。また、2005年に多発し問題になったトビイロウンカに対する無人ヘリ防除の再検証を行う。成果:新規生物農薬による種子消毒の防除効果が明らかになった。また、トビイロウンカ対象の無人ヘリ防除剤(アプロードゾル)における生育状況、散布時刻等の留意点が明らかになった。
研究分担病害虫
予算区分県単
業績(1)DNAによる大分県主要水稲の品種判別法の確立
(2)暗視カメラによるシカの行動観察(I)−大分県農林水産研究センター林業試験場に出没するシカについて−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030134516
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat