野菜病害虫の合理的防除  (2)果菜類におけるタバココナジラミバイオタイプQの防除対策の確立

野菜病害虫の合理的防除  (2)果菜類におけるタバココナジラミバイオタイプQの防除対策の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2006
概要目的:タバココナジラミバイオタイプQは2005年に国内で初確認された新系統のコナジラミで、シルバーリーフコナジラミ(タバココナジラミバイオタイプB)と外観上同じだが、薬剤感受性が低く、寄主範囲が広い難防除害虫である。またトマト黄化葉巻病を媒介するため、甚大な被害をもたらす恐れがあるが、その生態についてはほとんど明らかにされていない。そこで、トマト黄化葉巻病およびタバココナジラミバイオタイプQの発生実態を明らかにし、有効な防除対策を確立する。
研究分担病害虫
予算区分国庫補助
業績(1)大分県におけるタバココナジラミバイオタイプQの発生状況(講演要旨)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030134519
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat