環境と調和した飼料作物施肥技術の開発

環境と調和した飼料作物施肥技術の開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜18
年度2006
概要目的:家畜由来のたい肥供給が増加することが予想されるので、畜種によるたい肥の成分や肥効の違いを利用した、飼料作物に最適なたい肥利用体系を開発する。計画:家畜糞たい肥施用による収量性及び土壌中塩基蓄積状況の検討。成果:化学肥料全量を鶏糞たい肥と豚糞たい肥に置き換えた試験区の収量は化学肥料100パーセント区に劣った。
研究分担飼料草地科
予算区分県単
業績(1)ローズグラスの硝酸態窒素を安全な範囲に保つための施肥技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030134850
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat