多様な品種特性に対応した環境保全型栽培技術の確立

多様な品種特性に対応した環境保全型栽培技術の確立

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2006
概要環境基準をクリアでき,品種個々の特徴を最大限に活かせるような品種別の環境保全型栽培管理技術を確立する。
研究分担茶業部
予算区分県単
業績(1)野菜類およびチャにおける導管液の分子量組成からみた土壌タンパク質様窒素吸収の可能性
(2)茶園における被覆尿素を利用した省力・低投入型施肥法−地下水の環境基準をクリアする窒素施肥削減技術−
(3)茶園における施肥位置の改善による効率的施肥法
(4)茶園における家畜ふんペレット堆肥の窒素肥料代替技術
(5)熊毛地区における主要品種‘くりたわせ’の一番茶増収を目的とした整せん枝法の検討
(6)‘ゆたかみどり’における三番茶後の浅刈り時期についての検討
(7)茶園の更新による樹形変化が雨水の落下と地下への浸透に及ぼす影響
(8)深刈り更新直後における石灰窒素入り複合肥料の施用効果
(9)従来の歩行型肥料散布機を用いた施肥幅拡大の検討
(10)施肥改善支援システムによる茶園土壌からの窒素発現量予測
(11)黒ボク茶園土壌におけるタンパク質様窒素と窒素無機化量の関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030135059
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat