寒地中北部向け、早生、高度耐冷性、良食味及び直播栽培適性の水稲品種の開発

寒地中北部向け、早生、高度耐冷性、良食味及び直播栽培適性の水稲品種の開発

県名北海道
研究機関名北海道立上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S41〜
年度2007
概要寒地中北部向け早生・高度耐冷性、良食味品種を育成することを目的とする。交配119、生産力予備・本試験462系統程度、上育系統6系統供試。特性検定試験として耐冷性およびいもち病抵抗性試験を行った。また、育種年限短縮として葯培養を活用し、さらに、耐病性に関してDNAマーカーを活用している。奨決現地3年目の系統「上育糯450号」は耐冷性が強く多収で品質も優れるため現地評価も高かったが、実需評価が確定しないため4年目を供試することになった。、 奨決現地2年目の系統「上育453号」は極良食味であり、対照品種の「おぼろづき」「ほしのゆめ」よりも多収であるため現地の評価も高かったので成績会議で普及奨励時候となり2月に優良品種と認定された。、 奨決現地1年目の系統「上育455号」は極良食味であり、対照品種の「ほしのゆめ」よりも多収であり現地からも一定程度評価されたが、収量、アミロース含有率等の形質について「上育453号」との区別性を検討するため上川農試でのみ次年度供試することになった。耐冷性・良食味系統の有望系統として平成19年に地方番号を付した、アミロース含有率の比較的低い極良食味系統である「上育458号」も収量性は認められるが、同様の理由で上川農試でのみ検討する。、 また、収量が高く、もちの硬化性が高い新配付系統の「上育糯459号」は収量性は「しろくまもち」よりもあるが、もち硬化性が同等であるため廃棄した。、 新配布系統として早生で移植直播兼用として低温苗立ち性に優れる良食味系統「上育460号」および中生で収量性がありアミロース含有率が18%程度の「ななつぼし」に優る極良食味系統「上育461号」を選抜した。、 赤糯系統の「上育糯454号」および紫粳系統の「上育457号」は系統養成のみ実施する。
研究分担水稲科
予算区分指定
業績(1)北海道産米と府県産米の食味の違いに関する理化学的解析
(2)2007年南空知地域における水稲の作柄不良の要因についてー上川中央部との比較ー
(3)開花期耐冷性検定試験を利用した胴切粒発生の簡易測定法の開発
(4)北海道水稲育種における低アミロース関連DNAマーカー利用の有効性
(5)穂ばらみ期耐冷性極強系統イネのQTLs解析
(6)北海道水稲品種系統の登熟気温による胚乳アミロース含有率変動性の差違
(7)平成19年度水稲生産流通調査
(8)もち硬化性が高く耐冷性の強い水稲新品種「上育糯451号」
(9)粘る!柔らかい!本州ブランド米に並ぶ極良食味米の水稲新品種「上育453号」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030135475
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat