寒地中規模酪農における集約放牧技術の確立、1)メドウフェスクとチモシーの組合せ利用による放牧草地利用技術の開発、2)放牧牛乳の機能性乳成分向上技術の開発、3)根釧型集約放牧システムの体系化と営農モデルの策定、4)根釧型集約放牧技術の経営評価と地域への波及効果の解明

寒地中規模酪農における集約放牧技術の確立、1)メドウフェスクとチモシーの組合せ利用による放牧草地利用技術の開発、2)放牧牛乳の機能性乳成分向上技術の開発、3)根釧型集約放牧システムの体系化と営農モデルの策定、4)根釧型集約放牧技術の経営評価と地域への波及効果の解明

県名北海道
研究機関名北海道立根釧農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H15〜完19
年度2007
概要【目的】メドウフェスク新品種「ハルサカエ」の利用や放牧牛乳の機能性等既往の成果を活用・組み立て、自給飼料主体の乳牛飼養による持続的安定生産システムを確立、「ゆとり」ある集約放牧経営モデルを十勝、根釧、天北3地域を対象に作成する。、【成果】「道東地域におけるメドウフェスクの放牧利用法」、「放牧条件が牛乳の栄養・機能性成分に与える影響」(平成18年度指導参考事項)、「養分循環に基づく乳牛放牧地の施肥対応」(平成19年度普及推進事項)、「根釧地域集約放牧モデルの策定と経済評価」(平成19年度指導参考事項)をそれ
研究分担根釧作物・環境・飼養・生理・経営、天北、畜試、北農研
予算区分独法受託
業績(1)道東地域におけるメドウフェスク「ハルサカエ」の放牧利用法
(2)放牧は牛乳のCLA、ビタミンE、β−カロテンを高める
(3) 養分循環に基づく搾乳牛放牧草地の施肥対応
(4)養分循環に基づく乳牛放牧草地の施肥対応−北海道の標準施肥量と土壌診断に基づく施肥対応−
(5)メドウフェスク主体草地での放牧管理が利用草量に及ぼす影響
(6)集約放牧導入マニュアル 
(7)道東におけるメドウフェスクの放牧利用技術
(8)放牧主体草地酪農における生産物の特性−放牧は牛乳のCLA、ビタミンE、β−カロテンを高める
(9)集約放牧導入マニュアルVI.放牧を生かした新しい取り組み1
(10)放牧飼養による特色ある生産物つくり
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030135698
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat