地域特性に応じた森林獣害対策の確立

地域特性に応じた森林獣害対策の確立

県名北海道
研究機関名北海道立林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜22
年度2007
概要目的:エゾシカや野ネズミによる森林被害は毎年数百〜数千haにのぼり,人工林の育成や天然林の維持にとって大きな障害となっている。これらの獣害は,地域ごとに発生状況の違いが大きく,地域特性に応じた対策が必要である。そこで,人工林の主要樹種について,エゾシカ等による嗜好性や食害が樹木の成長に及ぼす影響を樹種別に明らかにし,獣害発生地域における造林に適した樹種を提示するとともに,被害の発生状況の地域特性を解析し,地域特性を踏まえた森林獣害対策を提示する。、方法:(1)樹種別の成長への影響評価:既存の植栽箇所における被害状況を調査する。(2)地域別の獣害発生状況の解析:平成18年度〜20年度のエゾシカ食害影響調査データを地域別に解析し,エゾシカ被害の発生状況を把握するとともに,森林被害報告のデータを地域別に集計し,地域ごとの獣害発生状況の推移と野ネズミ発生予察調査の結果との関係等について検討する。
研究分担鳥獣科
予算区分道単
業績(1)民有林における新たなエゾヤチネズミ発生予想式
(2)越冬巣場のミツバチを加害するトガリネズミ類
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030135955
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat