道内未利用資源を利用する建材開発と評価システムの提案

道内未利用資源を利用する建材開発と評価システムの提案

県名北海道
研究機関名北海道立林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完17〜19
年度2007
概要○研究目的、 道内未利用資源として豊富な資源量を有するもみ殻、木工場廃材、ほたて貝殻、火山灰、ピートモス、珪藻土、貝化石、廃石膏ボード、住宅用グラスウール廃材を主な対象として、各種用途に向けた新たな建材の開発を行うことが主な目的である。、○期待される成果、 道産未利用資源を利用した北海道エコマテリアルの製品開発と今後の製品化に向けた開発支援システムを提案するこれらにより新たな地域ビジネスの創出と付加価値の高い地場製品開発が可能になる。
研究分担利用部主任研究員
予算区分道単
業績(1)小型チャンバー法を用いた内装材の臭気物質吸着試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030135986
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat