木質系バイオマス燃焼灰の有効利用に関する研究

木質系バイオマス燃焼灰の有効利用に関する研究

県名北海道
研究機関名北海道立林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完18〜19
年度2007
概要○研究目的、 木質系バイオマスの燃焼灰の林業分野(苗畑・治山事業等)での活用や農業分野における需要拡大を目指して、その発生状況や有効成分を明らかにするとともに、樹木への施用効果やハンドリング性に優れたペレット化、重金属物質の溶出を簡易に抑制するための技術開発を行う。 ○期待される成果、 木質系バイオマスを活用している事業体の多くは中小企業であり、灰の処分経費が経営を圧迫していることから、これら企業の経営の安定に貢献するとともに、有効利用にも活用される。
研究分担物性利用科
予算区分道単
業績(1)木灰および堆肥を原料とするペレットのカラマツ苗木への施用
(2)木灰および堆肥を原料とするペレットを施用したカラマツ苗木の成長
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030135988
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat