アワビ類の個体群変動機構に順応した資源管理・増殖技術の開発

アワビ類の個体群変動機構に順応した資源管理・増殖技術の開発

県名北海道
研究機関名北海道立中央水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜21
年度2007
概要本事業では人工種苗の親貝としての質の評価、及び親貝集団の形成場所と稚貝発生場所の関係を明らかにし、大型人工種苗を用いて効率的に資源回復を促進するための技術開発を目的とする。
研究分担水産工学室
予算区分受託(独)
業績(1)エゾアワビ放流種苗の再生産効果について
(2)アワビHaliotis discus における分集団構造
(3)エゾアワビの成熟過程におけるビテロジェニンmRNA量の変動
(4)北海道のアワビ放流漁場における人工種苗の再生産評価
(5)エゾアワビ放流種苗の再生産への貢献
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030136049
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat