漁業生物の資源生態調査研究

漁業生物の資源生態調査研究

県名北海道
研究機関名北海道立釧路水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H元〜
年度2007
概要目的:北海道の重要漁業生物について、漁業・資源のモニタリングおよび生物特性や来遊分布様式・漁場形成要因などの解明を行い、漁況予測や資源評価の精度向上を図るとともに、資源の維持・増大と計画的な漁業経営に寄与する。 成果:・シシャモ:十勝海域と釧路海域に分けて、漁況予測のための調査等を実施し、得られた結果に基づき漁業者が目安の漁獲限度量等を設定。・ケガニ:十勝・釧路西部海域、釧路東部に分けて、許容漁獲量を設定。・エビ類・キチジ:漁獲統計資料などの解析から、資源動向を明らかにし、漁業経営の安定に寄与した。・イカ類、サンマ等:計量魚群探知機の活用など各種調査により、長期的な変動予測など各種知見を得ることができた。また、得られた知見は各種説明会などにより漁業者、加工業者など関係者に広く説明提供した。さらに得られた結果や予報はマリンネット北海道のHPを活用し、広く一般に公開している。
研究分担資源管理部
予算区分道単
業績(1)Revision of the Cottid Genus Astrocottus Bolin (Perciformes:Cottoidei), with the Description of a New Species from Northern Japan
(2)2001・2002年に北海道オホーツク海沿岸海域へ来遊したスルメイカの発生時期について
(3)2006年に北海道太平洋沿岸に来遊したスルメイカの発生時期
(4)穴あきサンマ
(5)超特大サンマ記録更新
(6)漁期中の大型サンマの太り具合
(7)Genetic Variation and Population Structure of Hair Crab (Erimacrus isenbeckii) in Japan Inferred from Mitochondrial DNA Sequence Analysis.
(8)ハタハタ釧路産卵群早期加入量把握と加入変動メカニズム解明に向けた研究
(9)日本水産学会水産環境保委員会研究会・ミニシンポジウム 「海を守り,食を保障する持続的漁業―海洋保護区と自主管理型漁業」 知床世界遺産−海を守る漁業を考える
(10)ハタハタ刺網の網目選択性を用いた漁獲物の年齢別雌雄比の評価
(11)知床世界遺産−海を守る漁業を考える
(12)日本海、根室海峡におけるスケトウダラの資源変動と環境変動
(13)計量魚群探知機による冬季の北海道東部太平洋海域におけるスケトウダラ Theragra chalcogramma 未成魚の分布
(14)底魚類の捕食に由来するスケトウダラ着底後幼魚自然死亡量の推定
(15)平成19年度資源動向要因分析調査課題報告書(小課題) 1060 資源動向要因分析調査 スケトウダラ太平洋系群 道東養育場におけるスケトウダラ稚魚・幼魚の分布と餌料環境
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030136071
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat