16 高冷地野菜の品質向上と安定生産技術、 1) 夏どりほうれんそうの安定生産技術の確立、 (1) 適品種の選定試験

16 高冷地野菜の品質向上と安定生産技術、 1) 夏どりほうれんそうの安定生産技術の確立、 (1) 適品種の選定試験

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H17〜H19
年度2007
概要目的:夏どりほうれんそうは価格が比較的高く安定しているが、最近の夏の猛暑で、高冷地でも以前に比べ気温が高くなり、ほうれんそうの栽培がむずかしくなってきている。そこで、夏期高温下での出芽不良や生育不良、抽だい等を防止した安定生産技術を確立する必要があり、ここでは、抽だいしにくい夏どり(8月)栽培に適した品種を選定する。、結果:晩抽パルクは、抽だいが発生せず、収量も対照品種と同等であるため、夏どり栽培に適していると考えられた。
研究分担水田利用部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030136271
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat