3 難防除病害防除のための生物農薬の開発 1)弱毒ウイルス利用によるナガイモえそモザイクウイルス病被害軽減技術の確立 (1)弱毒ウイルスによる防除効果持続性の検証 ア 弱毒ウイルスの収量・品質等への影響

3 難防除病害防除のための生物農薬の開発 1)弱毒ウイルス利用によるナガイモえそモザイクウイルス病被害軽減技術の確立 (1)弱毒ウイルスによる防除効果持続性の検証 ア 弱毒ウイルスの収量・品質等への影響

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センターグリーンバイオセンター
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜19
年度2007
概要目的:ヤマノイモえそモザイクウイルス(CYNMV)弱毒株がナガイモ収量及び品質に与える影響を検証する。成果:弱毒区では全ての個体で弱毒株のみが感染しており、圃場に発生しているCYNMVの再感染はみられなかった。平均イモ全重では弱毒区は無接種区と同程度で差がなく、粘度、糖度では強毒区でやや高い傾向が認められたものの、その他は差がなかった。
研究分担微生物工学研究部、畑作園試病害虫防除室、作物改良部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030136359
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat